スタッフがハトを手懐けていました。

しかし、彼はただハトと戯れているわけでありません。

カメラのアングルの中にハトが入らないように

カメラの裏にエサをまいているんです。

これも大事な仕事です。